【ふるさと納税】サイトによって寄付金額が違う?ポイント還元は本当にお得なの?

節約関係

早10月。そろそろふるさと納税をする方は申し込みを検討した方が良い時期になってきましたよ!制度的には12月末日期限ですが、ギリギリに申し込みをすると危険です。期限日までに自治体が寄付金を受領しないと、その年の控除対象になりません。

原則、受領日は支払い方法ごとに以下のようになっています。
クレジットカード :決済が完了した日
ソフトバンクまとめて支払い :決済が完了した日
au かんたん決済 :決済が完了した日
ドコモ払い :決済が完了した日
コンビニ支払い :入金した日
Pay-easy(ペイジー)支払い :入金した日
※自治体、寄付金額ごとにご利用いただける決済方法が異なります。寄付をする前に自治体の紹介ページでご確認ください。
※コンビニ支払いでのお申込みに関しては、お申込み日ではなく入金した日が寄付の納付日となります。

https://www.satofull.jp/static/deadline.php

また、ワンストップ特例制度を利用する場合は申込期限が1月10日とかなり早いです。しかも先方必着です。ギリギリの寄付だとおそらく期限までに申込書が届かないので、自分で用意する必要が出てきます。これは面倒ですので、ワンストップ特例制度を利用する場合は12月初旬には申し込み完了しておきたいところです。

もうそろそろ今年の収入の見込みもたってきて、ご自身の寄付上限金額も予測がついてきた頃かと思います。ぼちぼち早めに申し込みをして返礼品を頂きましょう♪

ねこねこ
ねこねこ

寄付上限金額とは自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される上限金額です。これの金額を超えて寄付しても税金から控除されないので「ただ寄付しただけ」になります。

ポータルサイトでシミュレーションできるので利用してみて下さいね。私は怖いのでいつも上限ギリギリではなく余裕をもった金額で寄付しています。

ところで皆様どのポータルサイトから申し込みしてますか?いくつもサイトがあるので比較したくてもいちいち見ていられない・・・という方もおられるかと思います。そんな時、ポイント還元されるポータルサイトはお得そうだと思って単純にそちらを選んでいませんか?

ねこねこ
ねこねこ

今日は、

・ポイント還元されるからといって必ずしも「お得」とは限らないこと。

・ポータルサイトによって寄付金額が違う返礼品があること

・同じ寄付金額でも量が違う返礼品があること

をご紹介したいと思います。

特にいつもポイント還元のポータルサイトを利用されている方、是非最後まで読んで頂きたいなと思います(^^)/

ポータルサイト それぞれ強みがある

ポイント還元とは?

例えば、以下のサイトで寄付金額に応じたポイント還元があります。

また、ポイントサイトを経由してポイントを貯める方法もあります。私がよく利用しているモッピーでは現時点ですがかなりのポータルサイトでポイントがもらえます。

au PAY ふるさと納税はこちら

さとふるはこちら

ポイント還元だと自己負担額2,000円は比較的すぐ回収できる可能性が高いです。とても魅力ですよね。

サイトによって寄付金額が違う返礼品がある

こうしてみると、ポイント還元されるところを選択したくなります。しかし、よく見るとポータルサイトによって寄付金額が違う返礼品があるんです。

例えば、私が今年GETしたチロルチョコ(甘いもの大好きです)。

ふるさとチョイスで寄付しようとすると、こちら。

とある他のポータルサイトだと1,000円高かったです。

ただし、こちらのポータルサイトではポイント還元があるところでした。このため、返礼品の金額とポイント還元を総合的に考える必要が出てきます

こちらの返礼品に限らずいくつか同じような返礼品が出てきています。必ずしもポイント還元があるサイトがお得ということではないということです。

内容量が違う

また、上記では内容量が全く同じ返礼品が、寄付金額に差があるケースでしたが、返礼品の品そのものが違うケースもあります。

例えば私の場合トイレットペーパーを返礼品で頂くことが多いのですが、ポイント還元がないふるさとチョイスで申し込みができるトイレットペーパーと、ポイント還元があるサイトで申し込みができるトイレットペーパーを比較すると、同じ寄付金額だと前者の方が容量が多いんです。

なのでこちらも、しい返礼品の容量とポイント還元のどちらが良いか統合的に考える必要が出てきます。

返礼品数が違う しかし人気の返礼品は複数のサイトで掲載している

次に注目すべきは、当然ですがサイトによって返礼品数が違うことです。ということは返礼品の種類も違うということですね。欲しい返礼品の種類をいくつかのポータルサイトで検索して見て、一番気に入るところを探すのが良いと思います。

掲載自治体数・返礼品数共にナンバーワンなサイトはふるさとチョイスですので、他にはない返礼品を見つけられる可能性は高いです。しかし、人気の返礼品のほとんどが複数のふるさと納税サイトに掲載があります。一般的に人気があるものでしたら、ポイント還元や内容量についても頭に入れながら選んで頂くと良いでしょう。

まとめ 私の判断

いろいろとお話しましたが、私の場合どのように選んでいるかをご紹介します。

  1. まずは取扱量の多いふるさとチョイスにて欲しい返礼品を検索(例えばトイレットペーパー、とかざっくり)
  2. めぼしをつけてから、ポイント還元できるサイトでもいくつか検索
  3. ポイント還元の方がお得かどうか判断し、得と判断した方で寄付を申し込む
  4. 寄付履歴はきちんとつけたいので、ふるさとチョイスのマイページで管理(他で行った寄付も追記できる) (これはどこのサイトでもOK、どこかで一元管理すべし)

私の場合はこんな感じではありますが、返礼品の量など関係なく自己負担額を減らしたい場合は還元サイト一択になると思います。

チロルチョコが寄付1,000円高くても、寄付分は税金の控除になります。返礼品の量がちょっと減っただけです。返礼品はもともとおまけのようなものと考え、自己負担額の2,000円を減らしていきたいと考えるニーズは当然あると思います。それぞれのニーズに合わせて利用してみて下さい。

いろいろキャンペーンをしている時期がありますので、暇な時にいろいろなポータルサイトをチェックしておくと良いですよ♪

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^)/

プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。40代♀元公認会計士。子供は女の子一人♪
現在、訳あって生活圏ほぼ自宅のみの生活。
基本インドアで楽しむためのネット通販、節約情報をご紹介する雑記ブログです。
元会計士の経験から、会計士近辺の資格情報や体験談、
また長年苦しめられている自律神経に効く情報もご紹介します。
良かったら自己紹介ページも見てくださいね♪

ねこねこをフォローする
節約関係
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
はっぴーねこねこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました