【傷病手当金受給体験談】パニック障害、機能性ディスペプシアでの受給体験談。

仕事する話

私はなんだかんだと12年前くらいからパニック障害、機能性ディスペプシア、自律神経失調症で苦しんでいます。私は職場を3回変わっていますが、その間これらの症状で出勤がどうしても難しい時期がありました。現在にいたっては完全引きこもり状態(在宅勤務)です。

無理して出勤することは本当に苦しいですし、無理して出勤できる状態ならまだしも、どう頑張っても出勤することが不可能な時もあるかと思います。そんな時、もう仕事を辞めようと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もそうでした。

以前の記事にも書きましたように、苦しい場合は迷わずに「逃げる」選択をして欲しいです。ただ、逃げる場合辞めることだけでなくまずは休むことを検討して頂きたいなと思います。

以前の記事はこちら↓

資金的に、また今後病気を克服していくためにも、簡単に仕事を手放すのは辛いです。辞める前に無理せずできることがあります。休職して療養しながら傷病手当金を受給することです。過去2回傷病手当金を受給した私の体験談をご紹介します。

私の傷病手当金受給歴まとめ

まず私の傷病手当金受給歴をまとめました。

  • 12年前、 「前職場にて」パニック障害で出勤不能⇒1年6か月の受給 
  • 5年前、「現職場にて」機能性ディスペプシアで出勤不能⇒2週間の受給
  • 現在パニック障害ぶり返し中で出勤不能ですが受給はなし⇒在宅で一部勤務中のため

傷病手当金とは

傷病手当金は、病気やケガなどで働けないときに給与の一部に相当する金額が支給される健康保険の制度です。協会けんぽまたは各健康保険組合から支給されます。残念ながら国民健康保険にはこの制度がありませんので、健康保険に加入していない場合は諦めるしかないです(泣)。

会社員でフルタイムで働いている場合はまず加入していると思いますので、条件を満たせば支給されます。

私の場合、今現在在籍している会社ではなく、その前の会社に勤務している時にパニック障害を発症し電車に乗ることが難しくなりました。苦しみつつも出勤していたのですが日々悪化していき、辞めるかどうか限界まで悩みました。しかし体調的にもうどうしようもなくて、上司に退職を願いでました。その時上司は引き留めてくれて、体調が悪いなら少し休んではどうかと提案してくれ、休職ということになりました。

その当時私は傷病手当金の制度を知りませんでした。その間のお給料は当然なくなるものと思っていましたが、傷病手当金について案内され、手続きを得れば手当金が出るということでした。

支給の要件 病名は精神疾患でも良い 

支給の要件としては、

  • 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  • 仕事に就くことができないこと
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  • 休職した期間について給与の支払いがないこと

であり、仕事に就くことができないことの証明として、手当の申請書に医師が病状を記入します。当時私はパニック障害として診断され、その状況を医師に記入してもらっていました。精神疾患でもなんでも、仕事に就くことができないと判断されれば支給されます

金額、支給期間

金額については、正確な計算方法はちょっとここで全て書くと複雑になってしまうので、支給される健康保険組合の規定を確認して頂きたいのですが、ざっくり言うと一日当たりの支給額は標準報酬月額÷30日×2/3です。一日当たりで、基本給の3分の2は出ると考えて良いでしょうね。

私も、想定よりかなりの金額が支給されほっとしました。あのときあっさりと辞めなくて本当に良かった(笑)。もしブラック気味な企業で退職を勧奨されたとしても、できればなんとか交渉して留まって欲しいです。休む権利はありますから!

支給期間は最長1年6か月です。この間に治療すれば治る方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。本当に1年6か月ももらえるか心配になるかもしれませんが、治っていなくて出勤できないと医師が判断すればきちんと支給されます。私はパニック障害で1年6か月まるまる受給しました

再休職したとき傷病手当金は受けとれるか

精神疾患の場合は長期化する可能性も高く、私のように寛解してもまたぶり返す人も多そうです。そんな場合はどうなるのでしょうか。

もし1年6か月経過しても治らずに復職できない場合は、残念ながら打ち切りになってしまいます。また、1年6か月経過してその時点では復職したものの、しばらくしてまた休職した場合なんですが、同一疾病の場合は支給されないのが原則です。

ただ、復職して相当期間経過し、その後またぶり返した場合は「別の疾病」とみなされる場合があります。それは病気の経過や就業状況等の調査の上、 協会けんぽまたは各健康保険組合が判断します

私の場合、パニック障害で1年6か月手当を受給しました。その後その職場には復帰できずに退職、2年くらいたって寛解し、転職して別の健康保険組合に加入しました。その後7年以上通常勤務してから機能性ディスペプシアで手当を受給しました(こちらは2週間程度)。これは別の疾病だから大丈夫だと思うんですが、現在電車に乗れず出勤ができなくて、これでまた手当を受けるとすると病名はまたパニック障害になってしまうと思うんです。ここで受給できるかの体験談があれば良かったんですが、申請していないので実際のところ受給できるかは分かりません。復職してからの勤務年数がカギになってくるかと思います。

認められるかどうかは申請してみないと分からないので、まずは申請してみましょう。こじらせる前に休んだほうが早く治ると信じています。

まとめ

  • 仕事に行けないほどの体調不良が続く時は、辞めるではなくまずは休む選択を。
  • 傷病手当金はそれなりの金額もらえます。最長1年6か月。ただし国民健康保険の方はもらえません。
  • 病名は精神疾患でもなんでも、仕事に行かれないと判断されればOK。
  • 原則として同一疾病では1年6か月が最長。ただし、一度復職してしばらく勤務実績があれば、ぶり返したとしても別の疾病として再度支給される可能性あり。

精神疾患に限らず、体調不良で仕事に行くのが困難な方の参考に少しでもなれば幸いです。


プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。アラフォー♀。
パニック障害悪化中のため、ほぼインドア生活。
病気とつきあいながら毎日楽しく過ごす方法を模索中。

ねこねこをフォローする
仕事する話
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
インドア生活万歳(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました