【続ける習慣】運動が大嫌いなあなたへ。「見える化」の効果。

今後のチャレンジ

私はパニック障害闘病中ですが、引きこもりだとどうしても気になるのが運動不足~。もともと運動大嫌いな人間でして今まで全然スポーツも運動もしていなかったのですが、ここ10年はDVDを見てヨガをしています。というのも、パニック障害や自立神経安定のために良いと聞いたからでして、病気になってから初めてチャレンジしてやっています。しかしそれもやったりやらなかったりで続かない~。これは体調の問題ではなくて自分への甘えです。ということで、少しでも運動不足を解消すべく私の中でハードルを一番下げて目標として掲げたのが「ラジオ体操」でございます。

しかし「続ける」のは本当に難しいものです。ということで「続ける」ためのテクニックの一つとしての、私が非常に効果を感じているラジオ体操カードをご紹介したい思います。そして何故ラジオ体操カードが効果的なのか、「見える化」の効果についてもご紹介します。

(パニック障害その他闘病中の方、運動しようという気になるのは少し回復してきてからだと思います。やりたいと思うまでは休んだ方が良いと私は思います)

ラジオ体操カードについて

効果

ということで今日お伝えしたいことはラジオ体操カードの効果なんですが、まとめるとこんな感じです。

  • ズバリ、ラジオ体操を忘れずに毎日できる。
  • 毎日やるためのモチベーションが上がる。

詳しくご紹介します。

ラジオ体操カード とは

そのまんま、よく子供の頃に持っていたラジオ体操カードのことなんですが(笑)。そう、夏休みに出席するとハンコがもらえる、アレです。それが今ではスマホのアプリとなっているのです。

スクリーンショット画像

これ以外にも、たくさん同じようなアプリがありました。こちらのアプリは、ラジオ体操を始める!をタップすると、ラジオ体操のYou Tubeの動画が自動で出てきて再生するという優れものです。終わるとチェックマークがつきます(手動でチェックを入れることもできます)。

何故このアプリでラジオ体操が続くのか

「見える化」の効果

何故こんな単純な仕組みのアプリでラジオ体操が続くのかというと、「見える化」の効果と考えられます。

見える化とは、 企業や組織における財務、業務、戦略などの活動実態を具体化し、客観的に捉えられるようにすることである。 企業活動の分野以外でも、「見える化」という表現が用いられることがある。 「見える化」という表現は使わず、「可視化」と言い換えられることもある。

引用:Wikipedia

「見える化」をする目的は、続けるためだけでなく様々な用途で用いられます。ですが、今日は単純に「続ける」という目的でだけ書きます。

子供の頃のラジオ体操カードは、出席してハンコを集めるために行っていたりしませんでしたか?ハンコがたまると、目に見えて達成感があります。溜まってくるともっと溜めようと続ける意欲も湧いてきます。空白になるとマズイという危機感が出ます。この目に見える形で成果が残る効果が「見える化」です。

私は大人になった今でもこのカードが欲しいと思い、代わりとして手帳にラジオ体操をやった日をマルつけていたりしたんですが、手帳は他にも書くことがあるので埋もれてしまいます。このため専用のアプリを見つけて利用しているのですが、スマホは毎日必ず見ますし忘れることがなく非常に便利です。

You Tube動画との連携

また、こちらのアプリは You Tubeの動画が自動で出てきて再生してくれます。

ラジオ体操はきちんとやるとけっこうな運動になるんです。自分でなんとなくやるのではなく、YouTubeなどのお手本動画をよく見てしっかりやることがおススメです。ラジオ体操のお手本を見ると、それぞれの動きはかなり大きくしっかりとした動きです。腕をしっかりと伸ばし、足の屈伸などもしっかりしています。きちんとやるとちょっと息切れがするくらいの運動量です。脈拍も上がります。

こちらのアプリでは自動で再生してくれますので、動画検索をする手間もなく便利です。

続けるためにはハードルを下げることも重要

以上、「見える化」の効果でした。 「見える化」 はラジオ体操だけでなく、どんなことでも「続けたい」ことに利用できると思うので、成果が目に見える形にできるような仕組みを考えて利用していくと良いと思います。今回はアプリをご紹介しましたが手帳やメモでも十分だと思います。ただ見えやすい所に置き、一日に一回は意識がいくようにする必要があります。

また、「見える化」とは別の話になりますが、「続ける」ためには目標ハードルを下げることも重要です。冒頭で私がヨガを続けるために頑張っていることを書きましたが、実はヨガのDVDを全部やると1時間弱かかるので、時間がある時や体調が良い時を選んでしまいけっこうハードルが高いです。なので続けるためにはまずハードルを下げた状態から少しづづ続けることも重要です。

さらに、続けるためには仲間を作ることもすごく有効です。例えばラジオ体操仲間を作り、一緒にやれれば良いですが難しければ結果を必ず共有するのも良いですね。実際の知り合い同士でもできますし、SNSで発信して励ましあうこともできます。

自分にとってちょっと難しいことを「続けたい」方、「見える化」効果で一緒に頑張りましょ♪


ランキング参加してみました♪ポチして頂けると励みになります(^^)/

プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。40代♀元会計士。子供は女の子一人♪
現在、訳あって生活圏ほぼ自宅のみの生活。
制限のある中でも「今日が人生で一番若い日」をモットーに、
日々楽しみ、そしてチャレンジしていきたい。
基本インドアで楽しむことをご紹介する雑記ブログです。
ネット通販、節約大好き(^^)/
良かったら自己紹介ページも見てくださいね♪

ねこねこをフォローする
今後のチャレンジ
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
はっぴーねこねこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました