【公認会計士の資格のコスパ】資格の中で公認会計士はコスパが良い!氷河期世代のコミュ力低い仕事ができない私の考察。

インドア生活前の過去の体験の話

今日は現在インドア生活満喫中の私の過去の体験のご紹介です。

私は大学卒業後、公認会計士2次試験に合格して大手監査法人に入所しました。当時、氷河期の最盛期。周りの大学の同級生たちが軒並み就職活動に苦戦している中、全く苦労をせずに就職できました。私は非常に気が利かないコミュ力が低い人間でして、資格がなければ就職活動の面接を乗り切れてはいないでしょう。

現在は当時から比べたら打って変わっての売り手市場ですが、そんな中でも何か資格を取得しておこうと思っている方、既に就職してはいるが転職を目指して何か資格を取得しようとする方など、「資格」の勉強は就職、キャリアアップを検討する時に一度は頭の中をよぎるのではないでしょうか。

ただ「資格」はとって終わりではありません。取ってからどうするか、ここをよく考える必要があります。それを考えた時、私の取得した「公認会計士」は非常にコスパが良い部類に入るのではないかと思うので、 会計士に向いている人はどんなタイプの人かを考えた上で、諸々条件はありますが意欲のある方には是非検討いただきたいと思いご紹介いたします。

どんなタイプが公認会計士に向いているか

まずはどんなタイプが公認会計士に向いているのか、私なりに考察しました。

(1)数字が好き、簿記に抵抗がない

これを見極めるために、まずは簿記を勉強してみて下さい。会計士の勉強に入る前に簿記1級を取得することをおすすめします。制度的には必ず取得しなければならない訳ではないのですが、簿記に抵抗がなく1級レベルをそこまで苦労せずに取得できないと、会計士の試験勉強は辛いと思います。私の友人で優秀な方がいまして、会計士を目指して簿記検定から始めましたが、どうしても抵抗があるようでさっさと方向転換し別の道へ進んだ方がいらっしゃいます。合う、合わないは、簿記が好きかどうかで分かることが多いです。

(2)独立志向ではない

公認会計士の資格を取ると、将来的に組織から独立して仕事をするイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。もちろんそのような方もたくさんいらっしゃいます。

しかし私としては独立志向が高くないタイプの方が会計士という資格を取得するメリットが高いと感じます。

公認会計士の試験は他の資格と比べて受験勉強に時間が必要です。独立志向が高い方は、公認会計士という資格試験を時間とコストをかけて取得しなくとも起業などで稼ぐことができます。また、他の資格、例えば税理士資格を取得して独立して稼いでいらっしゃる方もたくさんいます。

独立志向が高くないタイプは、組織に所属して働くことになります。公認会計士は試験をパスしただけで現在就職には困りません(過去には会計士合格後の氷河期があった)。そして監査法人に就職すれば、たとえあまり仕事をやる気がなくてもそれなりの給与を得ることができます。冒頭にも申し上げましたが「資格」は取って終わりではなく、そこからどうそれを活かしていくかが重要なのですが、会計士という資格は取って終わりにできる資格ではないかと感じます。

未経験で資格合格と共に監査法人に就職でき、未経験のうちからそれなりの給与を得られます。あまりにひどいと昇進しないでしょうが、たとえ昇進しなくともスタッフレベルの仕事でも十分食べていける給与水準でしょう。仕事はできない(したくない)が勉強が好きといったタイプには非常に良い資格ではないかと思います。

コスパが良い

まず私の体験から言って、コスパは良い方だと思います。「資格」をとるには時間と費用がかかります。まず、費用については一般的には専門学校に通う必要があるので、その学費がそれなりにかかります

ちなみに私は大学に設置されていた公認会計士受験のための団体に入って勉強しました。こちらは大学側の援助もあり学生の負担は非常に軽いです。ただ専門学校のように授業の振替やたくさんの講師の中から合う講師を選ぶことはできません。大学時代に受験するケースだけではないと思いますので、一般的には専門学校の費用がかかると考えて下さい。

そして問題なのが、かなり受験勉強に時間がかかる資格であるということです。なので現在学生であったり、仕事をセーブして受験勉強に時間をあてられる環境にある人が有利になってきます。

この二点を考えた上でも、会計士はコスパが良いと私は思います。何故なら費用については他の資格であってもそれなりにかかります。なので実質、会計士試験での問題は時間が必要という点です。時は金なり、ですのでそこをどう考えるかですが、ただ資格取得しただけでそれなりの収入を得られますので、私としては元はすぐにとれた感覚でした。

せっかく苦労して資格を取得しても、全然稼げない場合も多いのではないでしょうか。それに比べたら、大変(時間が必要)ではありますが、取得してすぐにそれなりに稼げる会計士はコスパが良いと思います。

まとめ

ちなみに私は、仕事ができないが勉強が好きなタイプです。仕事ができないと稼げないのが当たり前なのですが、公認会計士という資格に救われこんな私でもそれなりに収入を得られました。

何か資格を取ろうかな、と考えることは人生1度はあると思います。その目的としては「稼ぎたい」ということがまずは第一かと思います。長く仕事するにあたっては仕事内容なども重要になってきますが、誰しも本当に好きなことを仕事にできている人なんて一握りではないでしょうか、よほどアレルギー反応がなければ稼げるかどうかに重点を置くのもありかなと思いましたので、コスパという点に注目してご紹介いたしました。

公認会計士にご興味を持っていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました