【自律神経失調で下痢うんこ漏らした体験談】物理的対処法紹介

自律神経情報等
この記事では「下痢」を漏らした話と、その物理的対処法を記載します。このため「下痢」「うんこネタ」に抵抗のある方は読まないで下さい。

下痢を漏らしたことがある方がどのくらいいらっしゃるか分かりませんが、その方たちには分かって頂けると思います。人生終わったくらいのショックが襲います。ノロウィルスとか、飲みすぎとか、何か原因が分かっている場合はまだ良いです。治りますから。しかし、、、私の場合ただの自律神経失調によるものでした。過敏性腸症候群の一種かと思います。

ねこねこ
ねこねこ

昔からしょっちゅう下痢をしていました。

トイレを探して途中下車など日常茶飯事。冷や汗もので我慢することもしょっちゅう・・・。

そんな毎日の中でも、今日は最悪の黒歴史をご紹介したいと思います。正直恥ずかしいので書きたくないです。しかし。

  • 自分自身が他の方の便漏れ体験談をネットで検索しまくり、同じような恥ずかしさを体験された方がいるということで安心を得られた 
  • 下痢を漏らしている方の物理的対策を知ることができた

このことから、私も下痢を漏らしている同志の方がいらっしゃったら何かお役に立てないかと思い、投稿する次第です・・・(泣)。もしくは何かのネタとして楽しんでもらえたらと思います・・・(泣)。

便漏れが続く場合、根本的な原因である「疾病」についてはいろいろと原因があるようです。これについては自己診断せずに病院を受診されて下さい。治療については本当に人それぞれになりますので、今回の記事は便漏れの原因である疾病を探るという話ではなくて、便漏れの体験談と便漏れをした時の「物理的な対策」についてのご紹介になります。

便漏れ体験談

体験談概要

自律神経失調をこじらせる

上にも書きましたが、以前より私はしょっちゅう下痢をしていました。しかし、腹痛が起きる⇒我慢してトイレを探す⇒下痢、という一般的な流れ(?)で下痢をしていました。

しかし、自律神経失調をこじらせていたある日から、下痢が腹痛も伴わず勝手に漏れるようになりました。ノロウィルスとか腸炎とかが原因の場合も、我慢できずに出てしまうということがあるか思いますが、感覚としてはあれに似ています。

ただし、漏れ出てくる前に何かしらの体調の異変は感じます。言葉でうまく説明できませんが、「何か変だな」と思ったらもう勝手に出てくる感じ。

ねこねこ
ねこねこ

アレ?と思って3秒後には出てますね(泣)。

Xデーがやってきた

この症状が出始めてから2か月後。漏らすのはそんな頻繁ではなく、そして幸いにも自宅だったのですが、黒歴史の日・・・とうとう職場でやらかしました。

その時は自席での作業だったので、とりあえず打ち合わせ中とかでなくてまだ良かった。出始めてからヤバッと思い速攻で席をたちトイレに走りましたが、たどり着くまでにほぼ全部の下痢便がだだ漏れしてました。

ネットで他の方の体験談を見ると、我慢できずに「ちょっと」漏らしたという方が多いです。「ちょっと」でもうんこというものは匂うので辛いですが、私の場合はもう大量、全部って感じですのでフォロー不可能です。

漏らした後の対応

トイレに至るまでの廊下で全て出てしまったものの、とにかくトイレに入りました。しかしこの時点で手ぶら。

ここからどうすべきか頭をフル回転させて、とった行動は以下。

  • 靴、靴下、ズボン、パンツの順でゆっくり脱ぐ。
  • 汚れずに済んだ靴と靴下をよけて、主にパンツ内にある物質を便器へ流し込む。
  • 被害甚大のパンツを汚物入れにいったん隠す。 (今から思えばいったん便器の水で洗うべきでした。その瞬間は思いつきませんでした)
  • 自分自身の汚れた部分と、トイレの床(物質落ちまくり)を一生懸命拭く。トイレットペーパーはたくさんありました。この時は便器の水を利用。
  • ズボンは仕方ないので汚れたまま着用。
  • 誰もいないことを確認してそーっと個室を出る。この時、幸いにもトイレには誰も来ませんでした。神様ありがとう。

ノーパンのままダッシュで勤務部屋に戻り、自分のバッグを持参して再度トイレへ。私のバッグの中には普段から不安症なのでいろいろなものが入っていますが、この時ほど用意周到な自分を褒めたいと思った時はありません

  • 新しいパンツを持っていました→履きます。
  • ジップロックを持っていました→パンツを汚物入れから回収して密閉。
  • ビニール袋をたくさん持っていました→ジップロックをさらにくるみます。
  • 黒いカーディガンを持っていました→腰に巻いて被害にあった下半身(ズボン)を包み、隠す。
  • 生理用品を持っていました→これ以上出たら困るので、当てました。
ねこねこ
ねこねこ

匂いだけは、隠せません。速攻早退して帰りました。

ズボンを購入するか考えたけど、着替えると確実に職場の人に気づかれますよね。てか、気付いていたのかもですが、もう帰宅することしか考えられなかったです。

仕事が切羽詰まってなくて幸いでした。えっ、パンツはどうしたか? 袋ごと駅のゴミ箱に捨てました。

下痢うんこを漏らすとメンタルがやられます

男性でも辛いと思いますが、女性もかなりキツイです。恥ずかしいとかいうのを超えて絶望? 家で漏らした時もきつかったですが、職場はもうヤバいです。

それからは下痢のことばかり考えてしまって、普通に行動できなくなりました。翌日仕事の整理に出勤して、その後数日お休みをもらいました。弱っちいと思われるかもですが、漏らすのってけっこうキツイものなのですよ・・・。

ウィルス系の原因でしたら漏らすのは「今だけ」と思えますが、私の場合次の下痢漏らしがいつ来るのか分からない。自律神経失調をこじらせていたので、多分休めということだったのかなと思っています。

下痢漏れの物理的対策

私の場合根本的に治療するのは時間がかかりそうだったので (一応医師には相談しています) まずは少しでも物理的な対策をとろうと試みました。このままでは完全な引きこもりになってしまいます。

下痢漏れの物理的対策はおむつ装着一択

結論。下痢うんこ漏らしの物理的対策は、「おむつを装着する」。これが一番安心です。

おむつ関連の商品をいろいろ検討しました。また、介護状態ではなく普通に動いているうんこ漏れの同志(ネットに少数しか生息していない)が装着しているおむつ情報をあさりました。組み合わせて使用した結果、私のベスト商品は下記になります。

おむつというとパンツ型のおむつを想像していましたが、値段もけっこうするし絶対に「もこもこ」しますよね。いろいろ調べた結果、パッドで十分という結論に至りました。下痢用のパッドが販売されています。

買ってみたらかなりの大きさで、つけてみたらかなり「もこもこ」します。だけど、あの大量下痢便を吸収するにはこれくらい大きくないと安心ではない、、、というかこれだけあれば安心と言える大きさでした。それに経済的。少量でも売っていますし、助かります。

そしてパッドのズレを防ぐショーツ。履いてみたら、サニタリーショーツとは違ってそんなに苦しくないです。しかも大きなパッドをしっかりサポートしてくれて、ズレもない。履き心地良かったです。

そして、おしりふき。漏らした時はなくてもなんとかなりましたが、あれば助かった一品だったので購入しました。

おむつ装着にあたり気になる点

簡単におむつをつけて日常生活を送れるのか?という疑問に答えます。

パッドをつけたおしり部分の見た目、もこもこするのでは?

ねこねこ
ねこねこ

おしりキツキツのレギンスなんか履いたら当然目立ちます。だけど普通のゆったりしたズボン、パンツならそこまで気にならないです。私は女性なのでふんわりスカートとかはさらに○。

生理用品でも蒸れるのに、パッドでは夏場は耐えられないのでは?

ねこねこ
ねこねこ

はい、蒸れるのは非常に蒸れます。夏場は汗でベタベタ状態。

正直夏場はキツイです。皮膚が弱い方は無理かも。

私は漏れる恐怖のが勝っていたので我慢しました。

パッドは本当にズレないの?寝たきりの方用のもので、普通に動き回る人を前提とした商品ではないはずなので…。

ねこねこ
ねこねこ

上にも書きましたが、本当にフィットしてズレません。かなり動き回っても大丈夫ですよ。私は自転車移動していましたが、ズレませんでした。

まとめ うんこ下痢漏らしても死にはしない

職場で下痢を漏らして以来本当に外出が恐怖になり、おならがしたいだけでもやたらとトイレに走ったりして困りました。そう、メンタルがやられたのが本当に困りました。

しかし、私はこのおむつパッドに救われました。おむつバッドが私に外出する自信を取り戻させてくれました。根本的な治療にはならなくても、私に安心を与える救世主となってくれたのです。

ねこねこ
ねこねこ

今後もきっと便漏れすると思います。

でも、うんこ漏らしても死ぬ訳じゃない!!!

元気を出すため、そう言い聞かせて日々過ごしています。

うまくうんこと付き合っていきたいと思います。

♪応援ポチ頂けると嬉しいです~♪


自律神経失調症ランキング
プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。40代♀元公認会計士。子供は女の子一人♪
現在、訳あって生活圏ほぼ自宅のみの生活。
基本インドアで楽しむためのネット通販、節約情報をご紹介する雑記ブログです。
元会計士の経験から、会計士近辺の資格情報や体験談、
また長年苦しめられている自律神経に効く情報もご紹介します。
良かったら自己紹介ページも見てくださいね♪

ねこねこをフォローする
自律神経情報等
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
はっぴーねこねこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました