【奨学金の負担】奨学金を借りるかどうか悩む方へ、返済体験談。

会計士時代の話

就職したものの手取りが少なくて奨学金が返済できない・・・とか、奨学金の負担が大きくて結婚相手が多額の奨学金返済中で家計に打撃・・・とか、就職後から結婚後まで奨学金の返済は長く続くことが多いので何気にモメゴトの種になりがちな奨学金。私は母子家庭で親の収入が低く、奨学金を大学1年から4年間借りました。30代半ばで返済はなんとか終了しています。そんな私の奨学金体験談をご紹介しつつ、奨学金を借りる是非などの私見を書いてみたいなと思います。

私の奨学金体験談

まずは私の奨学金を借りた体験談をご紹介します。

高校までは父親がいたのですが、大学入学とともに母子家庭に。母は収入がほとんどなかったため、奨学金を借りることにしました。

大学入学時には既に公認会計士を目指すことを決めており、奨学金を借りて大学4年間を踏ん張ることにしました。大学に行かなくても会計士は目指せるのですが、一次試験を受けなければならないこと、また、行く予定の大学に格安で受けられる会計士講座があることから、大学の費用は投資であると割り切り当初はバイトもせずにただひたすら金くい虫の大学生となりました。

ただ・・・公認会計士の試験がけっこう難関でして。大学卒業して合格したらすぐにそれなりの収入を得て母を養う!という計画が何度も揺らぎましたし心折れかけました…。リスクありまくりの選択でしたが、まあ、投資にはリスクはつきものということで。当時若かったから無謀にもできた選択なのかもしれません。

大学の成績は悪くはなかったですが良くもなかったです。トップとかだと給付の奨学金がもらえたりしたのですが、トップにはとてもなれず。しかし、成績が「そこそこ」ということと、多分親の収入が相当低かったからか、給付型の民間の奨学金をもらえることになりました。

大学は文系ですが私立でしたのでそれなりに学費はかかります。給付型だけでは賄えなかったため日本学生支援機構の奨学金を借りることとしました。 日本学生支援機構の奨学金には現在給付型と貸与型があるようですが、私が借りる時代は貸与型しかなかったです。貸与型には無利息と利息が付くタイプと二種類ありますが、親の収入が低すぎるため無利息で借りることができました。現在は給付型のものも対象者が広がったりと利用できる対象も増え、選択肢も増えています。

奨学金を受ける際の手続き

ということで実際に私が受けた奨学金は、①民間の給付型奨学金、② 日本学生支援機構の無利子貸与型の奨学金、の二つになります。

どちらも手続はそこまで煩雑ではありません。書類の記入や、収入の証明などだけです。書類は、私の時の場合、奨学金をもらってどのような勉強をしたいかなどの作文もありましたが、資格取得という比較的明確な目的があったのでそこまで悩まずに記入できました。というか目的もなく奨学金を受けるべきではありません。こんなところでひっかかっているようでは、奨学金を受けない方が良いと思います。

奨学金を受ける際の注意点

奨学金を検討している方に声を大にして言いたいのは、借りる奨学金は借金であるということです。まずは給付型のものを受けられないか、そこに向けて努力すべきです。

仕方なく貸与型ものを受ける場合でも、奨学金は比較的簡単な手続きで借りることができます。そして「奨学金」という名前からして、借金のイメージが薄れています。しかし、卒業後全額を返済しなければならないのです。もらったものではありません。

「奨学金をもらう」という表現がされますが、貸与型の場合は「もらって」ません!!奨学金を借りているのです。学生本人がその自覚をよくもって、具体的に卒業後いくらを何年返済しなければならないかをよく把握しておくべきです。

日本学生支援機構のホームページで公開されている、平成29年度の属性調査での、返済義務を知った時期は以下のようになっています。返済義務を知らない方がそれなりにいるという事実に驚きです。

引用: https://www.jasso.go.jp/about/statistics/zokusei_chosa/h29.html#no2

理系や大学院などで多額に貸与型給付金を受けると、返済の負担は大きくなります。卒業後、返済できるだけの収入が得られるのかどうか、そして収入が長期間きちんと得られるのかどうか、よくよく検討すべきです。

女性の場合、結婚して出産してその後無収入になるなんてことも考えられます。勤務先の状況が変わったり、病気になったりなど不測の事態は仕方ないですが、無計画なことでは返済に行き詰まります。特に結婚して相手が奨学金の債務がある場合は、結婚後まで返済が残ることが多いですからよく相手の理解を得ないといけないと思います。借金じゃないから言わなかったというケースもよく聞きます。いえいえ、借金ですから。

ちなみに私は30台半ばまでの返済でした。月額の返済は少なく、計画通り返済することができました。それでも卒業後これだけの期間返済し続けています。長いとは感じました。

やむを得ず延滞する場合はとにかく相談を

奨学金といえど借金です。延滞するとブラックリストにのります。また、高額な延滞金が発生し、連帯保証人に迷惑をかけることになります。取り立ては決して甘くないです。やむを得ない事情で延滞する場合は速やかに相談して下さい。猶予制度などもあります。ただし、返済総額が減ることはまずありませんので、借りる時にはよく考えなければならないことには変わりありません。

ちなみに上記でご紹介した日本学生支援機構の属性調査では、延滞理由はこのようになっています。

引用: https://www.jasso.go.jp/about/statistics/zokusei_chosa/h29.html#no2

奨学金を借りるべきかどうかの私見

上記延滞理由を見れば一目瞭然な通り、返済が滞るのは低所得によるものになります。これも予測不可能な理由によるものは仕方ないですが、卒業後のビジョンもなくなんとなく就職して低収入だった、非正規でしか就職できなかったなどでは、借金してまで進学する意味があるのかと考えてしまいます。

確かに今の時代、多くの方が大学進学をしています。ですが、特に私のような資格ありきの世界では、ある程度の年齢にもかかわらず退職して一から資格を目指す方をたくさん見てきました。要するに何歳になってもやり直しはきくのではないかということです。返済が難しくなるくらいの借金を背負わねばならないケースで、卒業後の明確なビジョンもないのであれば、働いて資金をためてから進学することも可能ではないでしょうか。ただでさえ不測の事態がおきるリスクがあります。せめて計画的にできるところはきちんと計画をたてて、返済不能にならないように考えていきたいものです。

ちなみに私は無事資格もとれたので、奨学金借りたおかげで勉強時間が取れて本当に良かったです。奨学金を借金と思えば、必死で勉強することにもつながりました。人によりいろいろな状況があると思いますので、安易に借りるのではなく、少なくとも返済義務があることを卒業後初めて知ったなどという状況にならないようによく調べて考えてから決めましょう。

プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。40代♀元会計士。子供は女の子一人♪
現在、訳あって生活圏ほぼ自宅のみの生活。
制限のある中でも「今日が人生で一番若い日」をモットーに、
日々楽しみ、そしてチャレンジしていきたい。
基本インドアで楽しむことをご紹介する雑記ブログです。
ネット通販、節約大好き(^^)/
良かったら自己紹介ページも見てくださいね♪

ねこねこをフォローする
会計士時代の話
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
はっぴーねこねこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました