【夫婦で在宅勤務】デスクはどうする?ストレス原因を取り除こう!

働き方

コロナの影響で在宅勤務になり、そのまま引き続き在宅での勤務が増えている人もいらっしゃるかと思います。我が家もかれこれ半年以上、夫婦で在宅勤務となりました。私は以前から在宅勤務、そこへ夫がコロナで在宅となった次第です。夫は現在出勤することもありますが、今後も在宅の日が増えるとのこと。

  • 二人で在宅だと勤務スペースがないストレス
  • 子供がいると育児負担のストレス
  • 食事の支度が増えるストレス
  • その他家事が増えるストレス

いろいろとストレスが出てきましたが、そんな私が妻側目線でこの半年以上の期間に夫婦での在宅勤務をより快適に過ごせるよう工夫したこと、主に作業空間の問題(デスク関係)についての工夫をご紹介したいと思います。夫側のストレスもあるかと思いますが、今日は妻目線で(笑)。

夫婦で在宅勤務をされている方に共感&何かしらの解決のヒントになれたら嬉しいです。

ねこねこ
ねこねこ

私は以前より在宅勤務でしたので、勤務スペースを快適にセットしていました。そこを突然夫に奪われてしまいました!!

在宅勤務 デスク問題

必要なデスク 作業スペース

一般的に仕事をするにはデスクが必要ですが、一般家庭に大人用のデスクが複数あるお宅は少ないと思います。我が家も一つだけでした。そこを私の在宅勤務用のデスクとして使用し、周辺機器も備えていたのですが、コロナで在宅勤務となった夫に奪われました。

二人同時のタイミングで在宅となったのならそこまで感じなかったのかもしれませんが、私は以前より在宅で快適な作業スペースで仕事をしていたものですから、この落差がたまりませんでした。

メインで仕事をしている方(我が家は夫)に快適な仕事スペースを渡すのは仕方ないことかと思いますが、収入の多い少ないに関係なく仕事は仕事ですよね。追いやられた私は仕方なくダイニングテーブルを仕事の作業スペースとせざるを得なくなりました。

ダイニングテーブルをデスク化

始めはダイニングテーブルで仕事をし、食事になったら仕事道具を全て片付けるということをしていました。しかし、これがまた面倒くさいこと!!ストレスアップです。ということで私はダイニングテーブルの一席を仕事スペース用のデスク化することにしました。

具体的には。

  • 食事の時間をズラすことにより全てのダイニングテーブルの席が食事時に埋まらないようにする。
  • その上で、一席を仕事用スペースとし、PCとモバイルディスプレイを設置。食事時に片付けない。
  • 仕事用の文房具や書類もダイニングテーブルの仕事スペース近くに設置。こちらも片付けない。

モバイルディスプレイの購入

私の仕事上、PCとは別にモニター画面がないと作業効率が著しく下がってしまいます。我が家には大きな画面のモニターがあるのですが、固定されていて、当然こちらも夫が使用しています。このため、今回は仕方なくもう一つのモニターを導入せざるを得ませんでした。

しかしダイニングテーブルの一席ではスペース自体がものすごく狭い。このためモバイルディスプレイを導入いたしました。そうしたら、とてもお手軽で便利!!持ち歩きも楽々ですので、狭いスペースでお手軽にモニター画面が必要な方、おすすめです。

ねこねこ
ねこねこ

モバイルディスプレイとは、携帯性に特化したモニターです。

いくつもブラウザやソフトを立ち上げると画面上が煩雑になるため、サブモニターに振り分けて同時に複数のブラウザ、ソフトの画面を見れるので、効率的に作業ができます。

モバイルディスプレイにもいくつか種類がありますので、用途によって見比べてみて下さいね。私の場合、価格が安くて、軽く、とにかくあまりスペースをとらないものを希望していました。

モバイルディスプレイの配置

普通ですとPCの横にモバイルディスプレイを配置する形かと思います。しかしそうすると作業スペースの横幅が必要になってきます。

私の場合この横幅のスペースを広げたくなかったため、小さめのダンボール箱をPCの後ろにおいて、その上にモバイルディスプレイをのせました。まあ、でもこの場合は後ろのスペースが必要になってくるので好みになってくるかと思いますが、選択肢としてご紹介しておきます。。。

円座クッションの常備

デスクワークは座っている時間が多いので、快適なクッションは不可欠です。こちらは自分自身の体に合う、合わないがあると思います。このため我が家では夫の方が自分に合うクッションを購入しました。私は以前から使用していたものをダイニングテーブル仕事スペースへと移動。

ダイニングテーブルではスペース自体がすごく狭いのですが、新しくデスクを置く場所などもはやありませんので、このあたりで妥協いたしました。

ねこねこ
ねこねこ

今後も夫婦で在宅勤務が続くのかと思うと、仕事スペースはもう少し改善していきたいところです。

現在、仕事関係の書類が整理されていない状況です。しかしなかなか棚までは整備できません。

ダイニングテーブルが仕事スペースになって良かったところ

不満ばかり書き連ねましたが、実は仕事場がダイニングテーブルに移って良かったことも少しあります。それは、、、キッチンが近くなったこと。ちょっとした時間に家事をしたり、休憩のための飲み物のありかが近くなったりしました。

ということを考えて、気持ちを落ち着かせております。。。

在宅勤務 家事・育児問題

作業スペースの他にも、夫の分の食事負担追加、今は子供は学校に行っていますが休校のころは子供対応など、妻側の負担が増えているように思いました。

夫は仕事だけして終われば完全自由時間。こちらは仕事の時間を削って家事をする代わりに仕事が夜などにしわ寄せがくるという辛さ。うちは子供が小さくなかったため育児に関して大きな衝突がなかったですが、小さいお子さんを抱えていては仕事などできないと思います。

これに関しての解決法は、もう、とにかく夫婦で分担するしかない!!「分担のルール」を決めましょう。昼食問題にだけフォーカスして先日記事を書きましたので、良かったらご覧になってみて下さい。

まとめ できるだけ離れた場所で仕事できればベスト

ということで、在宅勤務時の快適な仕事スペース確保のための私の対策をご紹介しました。新しくデスクを置けるスペースがある場合は迷わず購入することをおすすめしますが、そうでない場合はなんとか狭い場所を工夫していただくしかないかと思います。

コロナで難しい面もありますが、最近はコワーキングスペースも増えてきましたし、カフェで作業することもできるようになってきました。できれば夫婦で距離をとって仕事する方が、音も気にならないですしスペースも確保できます。

工夫をし、また夫婦で思いやりを持ってお互いに不満を溜めずに話し合いながらうまく在宅勤務をしていければ良いなと思います。

読んでいただきありがとうございました(^^)/

プロフィール
ねこねこ

ねこねこです。40代♀元公認会計士。子供は女の子一人♪
現在、訳あって生活圏ほぼ自宅のみの生活。
基本インドアで楽しむためのネット通販、節約情報をご紹介する雑記ブログです。
元会計士の経験から、会計士近辺の資格情報や体験談、
また長年苦しめられている自律神経に効く情報もご紹介します。
良かったら自己紹介ページも見てくださいね♪

ねこねこをフォローする
働き方
スポンサーリンク
ねこねこをフォローする
はっぴーねこねこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました